幻のコシヒカリ 雪ほたか

YUKIHOTAKA PLANTED by SALON

SALON adam et ropé

五月に田植えを行い、
豊かな自然に育まれた
幻のコシヒカリ「雪ほたか」が
収穫の時期を迎えました。
今年もおいしいお米をお届けします。

幻のコシヒカリ 雪ほたかの魅力を探る

〈サロン アダム エ ロペ〉では、二〇一五年から群馬県川場村でお米作りを行なっています。品種はコシヒカリ、名前は「雪ほたか」というお米。炊くと、粒がひとつひとつ立っていて、ツヤのある見た目に思わず惚れ惚れしてしまうほど。ひと口食べれば、お米本来の甘みが凝縮された旨味が口いっぱいに広がります。長い間、川場村の人たちとその親戚の間でしか手に入らなかった、幻のコシヒカリと呼ばれている「雪ほたか」。このお米の魅力やおいしさの秘密を紐解いていきましょう。

食のスペシャリストに聞く お米の食べ方、十人十色。 食のスペシャリストに聞く お米の食べ方、十人十色。

日本人にとって身近な食べ物であるお米は、人によって炊き方や楽しみ方はさまざま。食にこだわりのある人は一体どんな風にお米を食べているのでしょうか。〈サロン アダム エ ロペ〉が注目する食のスペシャリスト十名の方々にご登場いただき、気になるお米の食べ方や、「雪ほたか」の味わいについてお話を伺いました。

日本一のお米で作る、究極のおにぎり。

いつでもどこでも手軽に食べられるおにぎり。定番の食材から変わり種まで中に入れるものはさまざまですが、幻のコシヒカリ「雪ほたか」で握るならば具材にもこだわりたいものです。そこで、食に明るい3名の方に教えていただいた、知る人ぞ知る品を使って、おにぎりを作ってみました。

現在準備中です。coming soon...

日本一のお米 雪ほたかを食べられるお店。 日本一のお米 雪ほたかを食べられるお店。

自分用にもお土産にも 幻のコシヒカリを買う、贈る。 自分用にもお土産にも 幻のコシヒカリを買う、贈る。

「雪ほたか」や関連商品はこちら

ABOUT

SALON AGRICULTURE SALON AGRICULTURE

〈サロン アダム エ ロペ〉では、産地にこだわり、丁寧に作られる美味しい食材を通して、
食材やそれに紐づくライフスタイルを提案しています。
提携農園の協力の元、自分たちで稲の手植えをしたり、フルーツを収穫したり…。
作り手の方々と一緒に経験した美味しい食材の作られる現場や想いなど、
産地の背景にあるストーリーと共に、その時期の旬の食材をお客さまにお届けしています。

#1

SALON RICE PROJECT

SALON RICE PROJECT

2015年より始動した「SALON AGRICULTURE」第1弾。群馬県・川場村の幻コシヒカリ「雪ほたか」を、自分たちの手で手植えから稲刈りまで行うオリジナル米を始め、伊賀焼 窯元〈長谷園〉との限定土鍋、窯元と作るお茶碗などを展開。日本人が昔から親しんできた、新米を食べる伝統的な文化を五感で味う楽しみを提案しています。

#2

SALON RICE PROJECT

林檎

SALON RICE PROJECT

「SALON AGRICULTURE」の第2弾は、フルーツに注目。提携農園で土地選びから手がけ、植樹・収穫し、パッケージフードなどを開発しています。2018年にスタートした「林檎」は、土からこだわり有機栽培に力を入れている阿武隈地域の大野農園とタッグを組み、生産。栄養価が特に高くなる旬の果実を使い、日々の生活の中で手軽に取り入れやすいジュースやコンポートに詰め込み展開しています。 甘みが強くしっかりとした風味のりんごを使った商品は、毎日食べたくなる“あきない味”が特徴。

特設ページはこちら
#3

SALON RICE PROJECT

柑橘

SALON RICE PROJECT

2019年より展開している「柑橘類」は、林檎同様に日本人にとって馴染みの深いフルーツ。明治44年から続く紀州の観音山フルーツガーデン協力の元、みかん、はっさくなど6種の柑橘類を生産し、パッケージフードなどにして展開しています。フルーツ本来の甘みを生かし、砂糖を控えめにした自然の味わいが人気です。添加物を使用していないので、小さいお子さまにも安心して召し上がっていただけます。昔から、“1日3個食べれば病気知らず”と言われるほど栄養のある柑橘類を毎日の生活に取り入れてみてください。

特設ページはこちら