NEWS

2016.08.02 SALON adam et rope'

日本の涼を感じる「風鈴」が入荷中です。

音色で涼を感じる「風鈴」は暑い日本の夏を涼しく過ごすための古人の知恵のひとつです。
 

東急プラザ銀座店SALONでは、夏の涼を愉しむ風鈴が入荷中です。


■江戸風鈴 篠原風鈴本舗 [8/6(土) 入荷予定]
大正4年創業。都内に2つのみの江戸風鈴工房の一つであり、江戸風鈴の発祥の工房でもあります。
宙吹きという、長い竿で吹きながら空中でガラスを膨らませ、内側から1個1個絵付けを行い、絵柄・形とひとつひとつ違った味わいがみられるのも特徴です。
江戸風鈴の歴史は300年以上あり、現在も300年前と変わらない製法で作られています。
 

http://www.edofurin.com/
 

■津軽びいどろ
青森市周辺では遺跡から勾玉などが発見されており、紀元前からガラスが作られてたといわれています。
漁業用の浮玉(うきだま)製造から始まり、品質の評価が高いことから、ガラスを丸くふくらませる「宙吹き」の技法を用いた伝統技法をもとに、"青森の自然をイメージさせるハンドメイドガラス"として1977年に生まれ、県の伝統工芸品の指定を受けています。


https://tsugaruvidro.jp/
 

■能作
富山県北西部の市、高岡市で「高岡銅器」の伝統を受け継ぐ鋳物メーカー。約100年の美術工芸品や茶道具、仏具の製造技術を持つ能作の風鈴は真鍮(しんちゅう)によるなめらかな質感とヘアライン仕上げによる抑えた光沢、洗練されたシンプルなデザインが特徴です。
繊細なヘアライン仕上げは職人が1点1点手作業で轆轤(ろくろ)仕上げを施しています。
素材として使われている真鍮は銅と亜鉛の合金。富山県高岡市の伝統産業であることから、「高岡真鍮風鈴」とも呼ばれ、世界中で注目を集めています。
 

http://www.nousaku.co.jp/



【展開店舗】 SALON adam et rope' 東急プラザ銀座店


facebook twitter google+