平安時代が起源とされている浴衣は、元々湯上りに着る室内着でした。 風通しがよく、汗をよく吸う素材で、暑い日本の夏を快適に過ごす工夫が凝らされています。
この夏、SALONは東京・日本橋にあるてぬぐいや浴衣の老舗“戸田屋商店”とコラボレーション。 “梨園染め”と呼ばれる、特殊な染色方法で作る反物は、裏表が無く染め上がり、ほかの染色方法とは違った独特の風合いや絶妙なタッチ、立体感を醸し出します。伝統的な市松柄をモダンに仕上げた、オリジナル柄のさらりと羽織れるガウンやワンピースのほか、手ぬぐいや扇子など、夏を快適にすごせるアイテムがそろいます。

ICHIMATSUワンピース ¥22,000 / ICHIMATSUてぬぐい 各¥1,000 / ICHIMATSU扇子 ¥5,500

涼やかな足元を演出する履き心地のよい下駄。「カランコロン」と夏の装いの足元を彩る、日本ならではの“下駄”の文化。SALONでは、静岡県で履き心地の良い下駄を作りつづける“mizutori(ミズトリ)”に、ベーシック・ヒール2つのデザインの下駄を別注。モダンな市松柄の鼻緒と、オフホワイトの前つぼのカラーリングで、SALONでしか手に入らないクリーンなデザインに仕上げました。クッション素材の入った鼻緒は足あたりがソフトで履き心地よく、一点一点手彫りで彫られた木地は足裏にフィットし、歩きやすさを実感できます。ベーシックタイプは、メンズ、レディス、キッズまで展開。家族おそろいで涼しい夏をすごしてみては。

ハミング 特注(UNISEX)¥15,000 / 下駄物語 特注(LADIES)¥11,000 /
ぴぃす 特注(KIDS)¥7,400

現代の技術を使った涼しい夏。 機能素材“COOL MAX”の 〈サマーワンピース〉 汗を吸収・蒸散し、体の快適な湿度を保持しながら、体温を下げるという新技術「COOL MAX(クールマックス)」素材を使ったドレス。すばやく汗を吸収するため、ドライな着心地だけでなく柔らかな風合いが続くのも魅力。速乾性があり、洗濯してもすぐ乾くのも特徴で、梨園染めの浴衣素材とはひと味違う、現代の涼しさを楽しめるアイテムです。 戸田屋商店への別注アイテムと同様、ガウン、ドレス、男性用・子供用の甚平をラインアップ。

ドレス ¥ 22,000 / 甚平(MENS)¥ 25,000 / 甚平(KIDS)¥ 15,000

 



トウメイfor SALONの〈コースターセット・箸置きセット〉
樹脂素材の製品を手がける“トウメイ”に別注したコースターと箸置き。一つ一つ異なる市松柄で、食卓に並べるのも楽しい。
コースターセット ¥ 3,500 / 箸置きセット ¥ 3,500

公長齋小菅for SALONの〈市松箸セット〉
軽くて持ちやすく、口当たりがやさしい竹箸。小さな米粒でもつまめるよう細く丁寧に仕上げられており、丈夫で抗菌性が高いのも竹箸ならでは。
箸セット ¥ 3,000

SALON adam et ropéの〈市松柄豆皿セット〉
ガラスのような滑らかさと硬質さが魅力の有田焼。梅、瓢箪(ひょうたん)、扇、丸、菱形と、古くから縁起がよいとされる形をそろえました。
豆皿セット ¥ 5,000

廣田硝子for SALONの〈市松柄タンブラー〉
明治32年東京で創業した廣田硝子。日本独特の成型方法でふんわりと乳白色に発色させた、精密な紋様の金型により生まれる特別な工芸品です。
タンブラー ¥ 4,500



SALON adam et ropé アトレ吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24
アトレ吉祥寺1F
10:00~22:00 / TEL : 0422-22-1493

S SALON adam et ropé
〒160-0022 東京都新宿区新宿四丁目1番6号
NEWoMan 3F
11:00~22:00 / TEL : 03-6380-1750

SALON adam et ropé 東急プラザ銀座店
東京都中央区銀座5-2-1
11:00~22:00 / TEL : 03-6264-5910

SALON adam et ropé あべのHoop店
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋 1-2-30 Hoop1F
11:00~21:00 / TEL : 06-6629-3920